FC2ブログ

第6回:彼女とのパンティ・プレイ

今まで、できるだけ姿を隠して趣味だけを話そうと思っていましたが、
文章中に自分の様子を語っている部分がありますので、
画像が無い分、少しだけ詳細を書いてみようかと思います。

肉体的スペックは、身長161cm 体重50kgあるかないか
ジーパン26インチ

上に着るものも大半がレディースで、ジャケットやシャツなど
レディースのLサイズがちょうどいい感じ。
ただし女性に比べて、というか体型に比較して肩幅が広いので
選択の幅は狭いですね。

ウェストは肉がついてきてますが、それでもお尻は小さいです。
Mサイズのフルバック・パンティだと、ほとんど後ろが余ります。
後ろの面積の狭いやつでも、だいたい入っちゃいますね。

ただ、お尻のすぐ下、太股の一番上のところが
(これは体全体にいえる)運動しないせいで肉がたるんできてて
今回このブログを始めるのに、後ろの写真もとってみたら、
あまりの見苦しさにアキレはてました。

四つんばいとか、お尻、太股を張った状態ならいいのですが
普通に立ってる後ろ姿なんか見られたもんじゃない。


ま、スペックだけで判断すれば、現代の女性と変わらないですが、
筋肉に張りがなく、裸は貧相に見えるかな。
あ、脚が細いので、パンストなど普通サイズで余るくらいです。

女装ならすぐにできそうですが興味ないんです。
ただパンティ穿くだけ。

pink03m.jpg
昨日穿いてた薄いピンクのフルバック
普通のMサイズですが、こんなにお尻が余ります
オムツみたいでカッコ悪い・・・

-----------------------------
それと彼女(30歳代前半独身)います。
155cm 47kg(自称)くらいです。

私のパンティ趣味を理解してくれていて
同じサイズのを穿くと彼女がお尻パツパツなのに
私は余るので、いつも怒っています(笑)

パンティは穿けますが、彼女のスカートや
シャツ、ジャケットは着られません。
そこはやはり男の体ですからね。

彼女が1日穿いていたパンティを脱がせて
私が穿くと、2人とも非常に興奮します。
彼女も私が1日穿いていたパンティを脱がせて穿きます。

私は彼女が汚した前ピッチリのパンティを穿く興奮、
彼女はそれを私に見られる恥かしさと、
男である私の勃起パンティ姿に、倒錯的な興奮を感じるようです。

彼女のパンティの中に私の男根が納まり、勃起する・・・
まるで彼女の中に私の男根が入ったような感覚だとか。
それは私にも近い感覚がありますね。
入れてないのに入れてるような擬似体験、
いや、彼女のパンティに包まれているのは
本来彼女のおマンなのだから、そのパンティに
私の男根が包まれれば、それは遠隔セクス・・・

彼女は、彼女のパンティを穿いた私の男根を、
パンティの上から撫でるのが好きなようで、
自分のつけたシミのニオイを嗅ぎながら愛撫してきます。
彼女の吐く息や、たまに鼻先がパンティごしに優しく勃起にあたります。
これ、めちゃくちゃに気持ちいいです。

彼女のパンティに包まれた私の勃起を見ると
それだけで彼女は「あハぁ~あハぁ~」と、声にならない
かすれたうめき声を出し始めます。
目はトロンとして潤みはじめ、白目は赤らんできます。
垂れ目になり、ニンマリとした笑みを浮かべているように見えます。
すごくだらしないイヤラシイ顔になります。

空いている手は、私が脱いだパンティを穿いた彼女自身の股間を
パンティごしに撫でさすっています。
そのパンティを脱いで、私と彼女のミックスしたニオイを嗅ぎ
私のパンティ勃起を撫でながらオナニーしています。
手に持った私のパンティを嗅いでいるので時々勃起にあたります。
ツルスベっとした感覚は、パンティごしに感じる遠い感覚で、
穿くのとまた違ったジレったさ気持ち良さです。

ものすごくいやらしいカップルです。


次回は私のパンティ履歴など書いてみたいと思います。


追記:私の自己満足だけのページの「ブロとも」になって下さったかた
拍手を下さったかた、本当に有難うございます!

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第5回:パンティという言葉へのこだわり2

女性で女性用の下穿きをパンティと言う人はいない、のですか?ほんとですかね。
私の知り合いの女性で、女の下穿きはパンティだ。絶対にパンツじゃない。
って言い張る人がいるんですけどね。
この人の説明ではパンツというのは上に穿くズボン(スラックス)のことで
男物の下穿きもパンツとは言わないんだそうですな。
ブリーフないしトランクスというのでしょうかね。


パンティなんて言葉は使わないって言ってる人の考え方を見ると
おおむねエロい言葉だ、って思ってるようです。
いつパンティはエロくなったんでしょうかねぇ、誰が決めたんでしょう?

しかもズボンのパンツと下着のパンツ、アクセントを変えて言ってるだけ。
下着の場合は後ろ下がりの、先頭のパにアクセントがある言い方、
でズボンの場合は、そんなヘンな日本語あるのか、な
後ろのンとツにアクセントがあるパ「ンツ」ってやつ。


ちなみにショーツって言い方は日本の下着メーカーが作り出した
新造語だったんだそうです。
気取っててヤな感じの女が使いそうですね(笑)
ほら、これだってそう感じる、イメージ、思い込みでしかない。

とにかく、パンティはパンティで、女性の下穿きを意味する言葉として
存在することに間違いないんだからさ。



ほんとは使われ方にこだわってるんじゃなくて
私が好きな表記のしかたはパンティーと延びず
パンティと短く書くこと。

発音するときは、実際にはパンティじゃなく
ごく短く「ー」を付けて発音する。「パンティ-」ね。
これ、ウインドウズ・エックスピーなんてのと同じで
エクスピーだと、間違いじゃないけど、なんか気取ってるみたい、
で、すごく短い「ッ」をエとクの間に入れて発音する。
すこーしだけ「エ」の音が長くなる・・・かな。


あーつまりね、パンティーって延びちゃうと、なんだか間抜けで
ゴムの伸びたオバパン(oba-pan)みたいに感じるんだ。
「パンティ-」だと、コマタの切れ上がった小粋なネーサンが
着用してる薄く小さいキュッとフィットしたパンティを想像する。

短いほうが可愛く色っぽく、そしてパンティ自体も
小さい、布の面積が少ないって感じるんですよ。


もちろん私の勝手なイメージですので、皆様に押し付けようとは
1ミクロンも思っておりませぬ。
パンティって言葉を使う女性は今の日本には絶対いない、
なんて絶対に言いません(笑)

これを書いてる今も、薄いピンクの合繊フルバックを穿いてます。
pink02m.jpg
ちょっと見苦しいかなぁ・・・おいなりさんが・・・m(_ _)m

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第4回:パンティという言葉へのこだわり

今回はパンティへのこだわり、それも「パンティ」という
言葉へのこだわりを書いてみます。

ある新聞の記者のネットコラムで、パンティという英語を探すと
単数形で使われることはなく、必ず複数形で使われる、
つまり「Panty」という単語は存在しないに等しく、
必ず「Panties」と複数形で使う、とか。

そうですかね、
私はごく普通に米国人女性がPantyと言っているの
聞いたことありますよ。
それも日本式の「パンティー」という音ではなく
なんだか下品に「ペアニー」と発音してました。複数形の「ズ」は付かなかった。

火をつけるマッチ(matches)や靴(shoes)は確かに
一般的には必ず複数形で使われるようですが、
安全マッチ(safty match)や靴製造家(shoe maker)など
単数で使われる例もある。

ましてパンティなんて同時には1枚しか穿かないわけだし
必ず「Panties」と使わなきゃならないなんてオカシイ。
しかもこの記者さん、pantiesがパンティーになったのは
いわゆる和製英語だと断じている。


バカ言っちゃいけないよ、旦那。
英語で下着のうち、下半身に穿くやつは「undies」という言葉があって、
米人女性は、こっちを使うほうが恥かしいんだそうです。
パンティという言葉は女性用の下穿きの意味で使われてて
まちがいなく単数形で使ってますよ。


それから日本での場合、パンティという言葉はオヤジ言葉で
もはや死語だと書いてるヤツもいる。これは男ね。
「女性の下着のことパンティって言うのもうやめろ おっさん丸出しだぞ」
こんな見出しの記事(スレッド)もあるみたい。

そして女性が書いてるのは・・・
なんで男性は女性の下着のこと(下穿き)“パンティ”って言うの?
女性で“パンティ”って言う人はいないと思うけどなぁ。
何て言うかといえば、んー、“ショーツ”か“パンツ”。
パンティなんて今は絶対に使わないけど、男性ではそう表現する人が多いような・・・。



本題に入る前が長すぎたので、いちど切ります。
pink01m.jpg
あんまり見苦しくない画像かと思えるのでアップします。
ピンクが薄いためキレイに色が出ませんm(_ _)m

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第3回:男がパンティを穿くこだわり2

前回からの続きです。

あるサイトに巡り合って男でパンティ穿く人たちがいるって知った。
HOMのブリーフSサイズが少なくて色々買えなかった私は
「あ、ここに手持ちのパンティあるじゃんか。
男で穿く人もいるみたいだし、ちょっと試してみるか。」


そんなことでハマッてしまったわけです、パンティに。
見るのも嗅ぐのも触るのも好きですけど、穿くのがやっぱり楽しいです。
ほとんど毎日パンティで生活してます。
かなりな枚数もってます。

大半がツルツルのサテンだけど、たまに小さいコットンのとか
それも伸縮性のないシャツの生地みたいなやつね。
ゴワゴワしてるけど強引に穿くとけっこうな締め付け。
これは長時間は無理。半日くらいで伸縮性のあるヤツに交換。


それとブラは興味ないんです。
女性のアソコを包んでいたパンティを
自分で穿いてサオが締め付けられるからこそ興奮する。
ブラしたって何にも興奮しない。

自分の女性下着姿を見たい人ならブラもありなんだろうけど
私は逆に見たくないので(笑)女装もホモもNHも興味ありません。

スリップやインナーのミニキャミなんかは好きです。
あれ着て上から乳首を撫でると、すごく感じる。
でも普段は着ません。日常は女性もの下着はパンティだけです。
1日穿いてジーパン脱いだときの勃起かげんが良いんです。
「あ、おれパンティ穿いてるんだ」って思う。
トイレに入ったときも思いますね。

ようするにオナ道楽ってことでしょうかね。


追記
よく買ってたネット下着屋の人から頼まれて
初めて男性がパンティを穿くとき、っていう記事をお手伝いで書きました。
私の経験談を交え、イヤだったけど私のパンティ着用画像も。

チャミ・クラブというサイトの助手sanっていう人に頼まれました。
(これは掲示板に飛ぶ。自前サーバーでかなり画像のチェック基準がアマイらしい)
私たち自穿き男にも理解を示してくれる人です。
普段いろいろ相談にも乗ってもらってます。

thong_front
綿のTバック クロッチが細いので玉袋は収納できないに等しい

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第2回:男がパンティを穿くこだわり

今回は男でパンティを穿く趣味への
こだわりの部分について書いてみます。

その前に、やっぱり自分の裸が晒されてる画像、
パンティ着用画像は見るのがいやです。
すごく体型が崩れちゃってて、汚いシミも多い。

でも、いくらなんでも趣味を語るんだから、
少しくらいは画像を載せないといけないのかなぁ


それじゃあこだわりの部分をば。
言ってるようにパンティは着用するのが好きなだけ。
写真撮って自分で見るのも人様に見せるのも趣味じゃない。

着用するのが好きな理由ですが、
もともと小柄なので上に着るものもレディースがほとんど。
メンズ無いんですよ、あうのが。その延長で?いや違いますね。

メンズのパンツは細いブリーフを好みますが
HOMのSサイズ。珍しく私の体にフィットします。
型番ですごくピッチリした縫製のがあるんです。
ところがこれ、買うたびにピッチリ具合が違う。
やだなぁと思ってた。


でパンティは前から好きで、使用済みなどたまに買ってましたね。
ニオイ、汚れ(シミ)の具合だとか
その品を初めて手にとるときのワクワク感。

だいたいネットで専門店から買うので
写真と違わない、想像してた通りのが届くと、そりゃ嬉しい。
とくにツルツルしたサテン地のが好きで、
光沢というより手触りが好きなんだろうな。


それをチンポに巻きつけては、あんまりやらない。
手で触りながら、そのパンティを売った娘を想像妄想するわけです。

たしか店の紹介では20ウン歳、小柄で普通体型とか。
でもこのパンティずいぶん小さいが、これを折々穿いてたわけでしょ。
このパンティが穿けるお尻なんだ。

普通体型ってよくわからないけど、これが穿けるってことは
そう大きなお尻じゃないってことだね。
でも無理して穿いてたかも?
そうするとお尻のワレメに食い込んでアソコにも食い込んで・・・
こんなに臭くしちゃうんだ。

そんなこと思いながらエロV見ながらシコるわけですよ。
パンこきは、ほとんどやらない。
手に持ってることはあるけど横に置いて時々見るのが多い。


そんな日常だったけど、あるサイトに巡り合って
男でパンティ穿く人たちがいるって知った。

HOMのブリーフの締め付けを好む私は
それが定期的に入手できないのにジレてた。
毎日それを穿きたい、いろんな色のが欲しいのに手に入らない。
だいたいSサイズは少なくて私が売り場で買い占めちゃう感じだったし
毎日それ穿くのは無理。

あ、ここにパンティあるじゃんか。
男で穿く人もいるみたいだし、ちょっと試してみるか。

himopan_side
好きな小さめの「ひもパン」

長くなりすぎたので次回に続きます。

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

プロフィール

パンティみさお

Author:パンティみさお

女性用のパンティを穿くのが好きです。
もちろん見るのも嗅ぐのも好きです。
たくさん所持しています。

ニューハーフや女装娘さんやホモセクシャルな方には興味ありません。女装もしません。

同好の諸先輩方、よろしくお願いします。

このような趣味に嫌悪を感じる方は閲覧をご遠慮下さいますようお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR