FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回:彼女とのパンティ・プレイ6

こんな話をしながらもマチの手は、私の体を這い回り
ときに股間をズボンの上から撫でたり
顔を愛おしそうに触ったりしています。
私は私で優しくマチの髪の毛を撫でてやっています。
実はこの行為でも、マチは感じていたんです。


マ:そういう食事なんかの雰囲気だとかニオイとか
  穿いてるTのこととかで、すごく敏感になってた、
  そこへ、みさおさんのオデコ・チュー
私:あれがどうした?なんかキス上手だって言ってたが
マ:あたしねぇ、わかったと思うけど、すっごい敏感なんだ。
  体中どこもかしこも感じる。
私:ほおお 敏感だとは思ってたけど、それほどとは
マ:でも、さっき言ったように条件が整わないとダメみたい
私:ほら体臭フェチなんじゃんか
マ:もおっ ベシ(・・・私の太股を叩きます)
私:いて あはは ごめごめ それでそれで?
マ:そういう条件が整うことって、とっても少ない機会だと思うの
私:ああそうだなぁ、お互いの相性ってことが大きいな
マ:それそれ!相性ね。それも性格、人格だけじゃなくて
  好みの趣味であるとかニオイであるとか
私:やっぱり体臭・・・あは、ごめごめ(睨まれました)
マ:そこへ持ってきて、すんごく上手なキス・・・
私:オデコがそんなに感じるのかい?
マ:ん~オデコってことじゃないんだけどさ・・・さっきは感じた
私:ちょっと試してみよか

マチの両頬に手をあてて両耳に指をかけ、オデコにキスしてみました。
とたんに彼女のツリ上がりぎみの目尻が下がってきて
口は半開きになります。
いいニオイの息が、マチの口から漏れてきます。

私:うは、すっごい敏感だ
マ:はふ~~・・・こんなに感じるの初めてかもぉ
私:嬉しいこと言ってくれるなぁ
マ:みさおさん、やっぱりキス上手だよぉ

言いながらマチは私の唇に自分のを重ねてきました。
深く舌を吸いながら、なにげなく彼女の髪の毛の
生え際あたりに手をやりました。
つまりオデコの、さらに上ってことです。
とたんにマチの体に震えが走りました。

私:あっ! これはっ!
マ:お・・・話し・・・できな・・・くなっちゃう・・・から
  手を・・・どけ・・・あは・・・どけて

やっとそう言います。
彼女の敏感体質に強い興味を感じていたので
私は手を彼女の生え際からどけました。

マ:ああ・・すごい・・・みさおさん、今なにしたの?
私:なにって、生え際から髪の毛に手を入れて
  髪の毛をすく、みたいにしただけだよ
マ:ああ・・・そうなのかぁ・・・
  ・・・なんとなくわかってきた
私:なにが?
マ:さっきデコチューでスイッチ入っちゃったでしょ
  あれの原因が、たぶん生え際だってこと
  あたしね、普段自分で髪かきあげる時も
  オデコのほうから行くと、ああ気持ちいいって思うんだ
私:なるほどねぇ 生え際に性感が集中してるってことなんだね
マ:だけど自分でやったって、まさか体が震えるほどには感じないよ
私:感じたら生え際オナニーできちゃうね
マ:あははは そうだね ね・・・もっかい やってみてくれる?

請われるままに、
顔を私のほうへ突き出しているマチの生え際から、
やわやわと髪の毛の中へ指をすべらせていきます。
少し指をたてて、地肌を柔らかく後ろのほうへ指を押すように、
ちょっと爪の背中で引っかくようにしました。
とたんにスイッチ・オンです。
今度は体の震えだけでなく、
柔らかい吐息ともウメキ声ともつかないものが
半開きになったマチの口から漏れてきます。

はっきりしないながら言葉も口に出しました。
ああ~気持ちいい~・・・いいよぉ~
と言っているようです。
脚は太股が震え、閉じていられないようで
自然に膝が左右に開いてしまいます。

ショッキング・ピンクのTバックの先端が
いよいよ黒く変色して目の前にあります。
太股のほうまでも、マチの愛液は伝っているようで、
女のニオイが私の顔まで立ち上ってきます。
そっとその濡れそぼった部分を撫でてみると
マチの体の震えがひときわ大きくなります。
あはぁあはぁ~という声にならないほどな吐息は
今ははっきりと声に、ああん~ああん~と出ています。

パンティのクロッチはパンストに押しつぶされていますが、
かなり細いので、どんどんマン筋に入り込んでいるようです。
その部分を、さらに食い込ませるように、
やわやわと揉みながら押し込むようにしてみました。

またも間髪をいれず、マチの仰け反りが始まりました。
パンストごしにパンティのクロッチの上のほうを摘み上げ
マン筋にそって上下にクイクイ、ヌチャヌチャとこすってみました。
ピタッと声が止み「ウッ」という、うめきとともに、
またもマチは突っ張り、ガクガクガクと震えたと思うと、
失神したかのように急激にソファに倒れこみました。

pinkt_b.jpg
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

みさおさん、はじめまして。
ネットで徘徊中に、偶然同じ趣味嗜好の方を見つけてしまい、最近毎日拝見しています。
私も穿くのが好きで、見るのも嗅ぐのも好きで、たくさんではありませんが所持しています。
ブログの更新を楽しみにしていますので、是非続けて下さい。
彼女とのプレイ続編、お待ちしていますm(__)m

よく来て下さいました

まささん はじめまして
お返事が遅くなり、あいすみません。

まず、あまりにも自分の書く文体、読点の入れ方、
近い基準の丁寧さで書かれたコメントをいただき驚いています。
あれ?これ私が書いたんじゃ?などとw

ブログ楽しんで下さる方がいらして、とても嬉しく思います。
本当に自己満足垂れ流しの、なにやら文章コンテンツのようになっておりますが、
本来は手記のブログのつもりだったのです。
ですが近く、パンティ・プレイの続きをアップしたいと思っております。
(ただいまは少々時間に余裕なく、ご容赦を)

パンティねたの手記も、また書きたいと願っております。
今後ともよろしくお願い致します。
コメント本当に有難うございました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

パンティみさお

Author:パンティみさお

女性用のパンティを穿くのが好きです。
もちろん見るのも嗅ぐのも好きです。
たくさん所持しています。

ニューハーフや女装娘さんやホモセクシャルな方には興味ありません。女装もしません。

同好の諸先輩方、よろしくお願いします。

このような趣味に嫌悪を感じる方は閲覧をご遠慮下さいますようお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。