FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回:彼女とのパンティ・プレイ6

こんな話をしながらもマチの手は、私の体を這い回り
ときに股間をズボンの上から撫でたり
顔を愛おしそうに触ったりしています。
私は私で優しくマチの髪の毛を撫でてやっています。
実はこの行為でも、マチは感じていたんです。


マ:そういう食事なんかの雰囲気だとかニオイとか
  穿いてるTのこととかで、すごく敏感になってた、
  そこへ、みさおさんのオデコ・チュー
私:あれがどうした?なんかキス上手だって言ってたが
マ:あたしねぇ、わかったと思うけど、すっごい敏感なんだ。
  体中どこもかしこも感じる。
私:ほおお 敏感だとは思ってたけど、それほどとは
マ:でも、さっき言ったように条件が整わないとダメみたい
私:ほら体臭フェチなんじゃんか
マ:もおっ ベシ(・・・私の太股を叩きます)
私:いて あはは ごめごめ それでそれで?
マ:そういう条件が整うことって、とっても少ない機会だと思うの
私:ああそうだなぁ、お互いの相性ってことが大きいな
マ:それそれ!相性ね。それも性格、人格だけじゃなくて
  好みの趣味であるとかニオイであるとか
私:やっぱり体臭・・・あは、ごめごめ(睨まれました)
マ:そこへ持ってきて、すんごく上手なキス・・・
私:オデコがそんなに感じるのかい?
マ:ん~オデコってことじゃないんだけどさ・・・さっきは感じた
私:ちょっと試してみよか

マチの両頬に手をあてて両耳に指をかけ、オデコにキスしてみました。
とたんに彼女のツリ上がりぎみの目尻が下がってきて
口は半開きになります。
いいニオイの息が、マチの口から漏れてきます。

私:うは、すっごい敏感だ
マ:はふ~~・・・こんなに感じるの初めてかもぉ
私:嬉しいこと言ってくれるなぁ
マ:みさおさん、やっぱりキス上手だよぉ

言いながらマチは私の唇に自分のを重ねてきました。
深く舌を吸いながら、なにげなく彼女の髪の毛の
生え際あたりに手をやりました。
つまりオデコの、さらに上ってことです。
とたんにマチの体に震えが走りました。

私:あっ! これはっ!
マ:お・・・話し・・・できな・・・くなっちゃう・・・から
  手を・・・どけ・・・あは・・・どけて

やっとそう言います。
彼女の敏感体質に強い興味を感じていたので
私は手を彼女の生え際からどけました。

マ:ああ・・すごい・・・みさおさん、今なにしたの?
私:なにって、生え際から髪の毛に手を入れて
  髪の毛をすく、みたいにしただけだよ
マ:ああ・・・そうなのかぁ・・・
  ・・・なんとなくわかってきた
私:なにが?
マ:さっきデコチューでスイッチ入っちゃったでしょ
  あれの原因が、たぶん生え際だってこと
  あたしね、普段自分で髪かきあげる時も
  オデコのほうから行くと、ああ気持ちいいって思うんだ
私:なるほどねぇ 生え際に性感が集中してるってことなんだね
マ:だけど自分でやったって、まさか体が震えるほどには感じないよ
私:感じたら生え際オナニーできちゃうね
マ:あははは そうだね ね・・・もっかい やってみてくれる?

請われるままに、
顔を私のほうへ突き出しているマチの生え際から、
やわやわと髪の毛の中へ指をすべらせていきます。
少し指をたてて、地肌を柔らかく後ろのほうへ指を押すように、
ちょっと爪の背中で引っかくようにしました。
とたんにスイッチ・オンです。
今度は体の震えだけでなく、
柔らかい吐息ともウメキ声ともつかないものが
半開きになったマチの口から漏れてきます。

はっきりしないながら言葉も口に出しました。
ああ~気持ちいい~・・・いいよぉ~
と言っているようです。
脚は太股が震え、閉じていられないようで
自然に膝が左右に開いてしまいます。

ショッキング・ピンクのTバックの先端が
いよいよ黒く変色して目の前にあります。
太股のほうまでも、マチの愛液は伝っているようで、
女のニオイが私の顔まで立ち上ってきます。
そっとその濡れそぼった部分を撫でてみると
マチの体の震えがひときわ大きくなります。
あはぁあはぁ~という声にならないほどな吐息は
今ははっきりと声に、ああん~ああん~と出ています。

パンティのクロッチはパンストに押しつぶされていますが、
かなり細いので、どんどんマン筋に入り込んでいるようです。
その部分を、さらに食い込ませるように、
やわやわと揉みながら押し込むようにしてみました。

またも間髪をいれず、マチの仰け反りが始まりました。
パンストごしにパンティのクロッチの上のほうを摘み上げ
マン筋にそって上下にクイクイ、ヌチャヌチャとこすってみました。
ピタッと声が止み「ウッ」という、うめきとともに、
またもマチは突っ張り、ガクガクガクと震えたと思うと、
失神したかのように急激にソファに倒れこみました。

pinkt_b.jpg
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第10回:彼女とのパンティ・プレイ5

あとでシャツを脱いでみると
私の胸にはマチの爪あとがクッキリと残っていました。
羞恥プレイだとか言葉責めを好む女性は多いですが、
それにしてもここまで極端なのは初めてでした。

暫くして息を吹き返した?マチの顔を優しく見つめ、
大丈夫?と聞いてみました。
ソファに倒れているマチの顔に被さるように見つめたので
マチは私の首に、まだ力の抜けている腕を巻きつけてきます。

私:うふふ、すごいね、イッちゃったんだね
マ:あ~・・・ふぅ~・・・まだクラクラしてるぅ(笑)
私:しかしニオイを言っただけで、あんな反応
マ:あ、だめ またスイッチ入っちゃうから

私の言葉を遮るように言います。
実はさきほどのニオイの表現は、ちょっとした博打でした。
マチにMっけがあるのは感じとっていましたが、
初のディープ・デートで、はたしてそこまで
女性の尊厳を傷つけるような、アソコがオシッコ臭いなど
言ってもいいものか、ということなのです。
この賭けは私の勝ちだったようです。


私:真知子ちゃんてものすごく感じやすいんだねぇ 驚いたよ
マ:アハン いつもこんなじゃないんだよぉ
私:ほおお 今日は特別かな?
マ:さっき家を出る時から感じてたって言ったでしょ
私:うん そう言ってたね パンティ選んだ時からだって
マ:あれはね、今日みさおさんとデートするんだ
  このパンツ見たら、みさおさん何て言うかな
  こっそり見られたいかな、っていう気持ちがあって・・・
私:あー覗かれ願望か
マ:それもちょっとはあるんだけど、それよりね
  こういう下着を、みさおさんどう思うかなって・・・
私:そりゃあ男だったら、みんな喜ぶんじゃないのかい?
マ:それがそうでもないの。
  派手な色と形、それにテカテカでしょ?
  こういうの見るとヒイちゃう男性もいるのよ。
  きっと、遊んでる女だ、って見られるんじゃないのかな

たしかに濃い目のショッキング・ピンクで
そうとう面積の小さいTバック、しかもサテン地で
かなりテカテカしています。

私:そうかなぁ、少なくとも私は大好きだよ、こういうヤツ
マ:ね! みさおさんならそう思ってくれるって予想してたの
  だからこれを選んだ時から、見られちゃうことを想像して・・・
私:その時から濡れてたって言ってたよね
マ:・・・恥かしいほど・・・だけど・・・
私:ん?だけど? なに?
マ:・・・・・
私:なんだよ(笑)
マ:・・・みさおさんに・・・見られるって思っただけで
  濡れてきちゃったんだもん・・・

ここまで女に言われてイキリ立たなかったら男じゃありません。
ですがまだ夜は長い・・・明日はマチの休みの日です。

私:そんなにオレのこと・・・
マ:んとね・・・何回かデートしたし、そのたびに優しい人だな
  って思ってたけど、すんごい好きって舞い上がるほどじゃなかった
私:なんでぇ(笑)
マ:だって、食事デートしても、
  みさおさんキスもしてくれなかったし
私:そりゃ大人のタシナミってもんさ
マ:はん(笑) でもね、今日このTバックを選んだときから
  なんーとなく、自分のなかで変わるものがあったような
私:どういうことだい?
マ:あたし何で今日、これ選んでるんだろ?
  みさおさんに見られたいから?
  みさおさんのこと、そんなに思ってるのかな?
  そう考えたときに、下着を見せたい、見られたい
  っていうヤラシイ癖はあるけど、
  個人を特定して見られたい見せたいって思うのは・・・
  つまり・・・キャ・・・

顔を隠してしまいます。
あーもうだめだ、可愛いすぎる・・・
ギュッと抱きしめます。

マ:あたしのこと好き?
私:ああ、もう離れられなくなった・・・
マ:うれし・・・うれし・・・うれし・・・  

マチとの恋のはじまりです。
しばらく抱いたままにしていました。
またマチがモゾモゾ動き始めます。

私:どした?苦しい?
マ:さっきの言われただけでイッちゃったでしょ
  あれって誰にでも、あんなんなるわけじゃない。
私:そう言ってたね
マ:みさおさんのこと好きになってるのに気づいてたけど
  それだけじゃないんだよ。
私:ほお?
マ:もちろん家でTを選んだ段階で感じ始めてた。
  だけど、それはまだ入り口で、ほんとに言葉だけでイク
  なんて状態じゃあないんだ。
私:その後の何かが真知子ちゃんを変えた?
マ:ん、ワインも、美味しい食事もホテルのステキな部屋もだけど、
  みさおさんの持ってる雰囲気とかニオイとかが
  すごく影響してると思うんだ
私:あら?オレくさかったか?
マ:まっさかぁ(笑) そうじゃなくて、すご~くあたし好みのニオイ
  体臭っていう強いものじゃないんだけど・・・
  やっぱり体が持ってるニオイなのかな。
私:体臭フェチかぁ?
マ:ちーがーうっ! ちゃんと聞いて!
私:はいはい聞きます聞きます(笑)

pinkt_f.jpg

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第9回:彼女とのパンティ・プレイ4

みさおさん、たしかめてみたら?

そう言うとマチは、私の首に両腕をからめて目を閉じました。
マチの両腕の力に耐えようと首に力を入れると
マチの腕に力が入ってきます。
私の顔を自分の顔に引き寄せようというのでしょう。

わざとチュッと大きな音をたてて、ほっぺにキスしました。
マチはイヤイヤをするように脚をジタバタさせ、顔を左右に細かく振ると
目を閉じたまま、ジレて唇を突き出してきました。
うんうんうん、と聞こえるようなうめき声を出しています。
口を閉じたまま、やんやんやん、と言っているのでしょうか。

あまりジラせて怒らせてもつまらないので、そのままキスしました。
何度かデートを重ねた2人でしたが、キスをするのはその時が初めてです。
舌を深く入れ、マチの歯の付け根や舌の裏側、
上あごなど、届くところは全部なめまわします。

そうしながら片目をうすく明けて、
マチのしどけなく開いた両脚の間を見ました。
黒のスカートの奥、パンストごしにショッキング・ピンクが見えます。
極めて薄いパンストを穿いているようで、
奥のパンティは、わざわざ覗き込まないでも見えます。


私の、そういう意図に気づいたのか、キスがおろそかに感じたのか
マチは唇を離し、私に頬を寄せてきました。
そして耳元で「ねぇ、今見てたでしょ」
と、ややかすれた声で囁きました。

あ、わかっちゃったか、ごめんよ
ううん、いいの・・・キスも大事だけど・・・
大事・・・だけど?
うん・・・だから早く・・・たしかめて・・・

私の耳を甘噛みします。
こうなったら早く確かめてやらなければ可哀想です。
スカートをたくし上げ、パンストごしのパンティを見ました。
ショッキング・ピンクの、かなり細いTバックでした。
触れてみるまでもなく、パンストごしにも
マチのおマンが濡れ濡れになっているのがわかります。
パンティの脚と脚の間にある先端部分が、黒く色が変わっています。

私:うわぁすごい濡れかただねぇ
マ:ちょっと恥かしい・・・
私:いつから濡れてる?
マ:食事してる時から・・・
  あ、家を出る前に、このパンツ穿いた時からかな
私:ふえぇ、そんな時からって、どして?
マ:だってぇ、今日みさおさんとデートするって思って
  このパンツ選んだ時から、すっごいドキドキしてたんだもん
私:そんなに私とのデートが楽しみだったのかい?
マ:うん!みさおさん、きっと私のことヨクしてくれると思って
私:そんなこと・・・なんだってそう思うのさ?
マ:みさおさんて、ちょっと普通の人と違っててさ
  好みとかも特別だったり、だからエッチもきっと偏ってるだろうなって
私:偏ってる・・・かぁ
マ:あ、悪い意味じゃなくて、ほら、今の若いコたちの言い方だと
  ヘンタイっぽいっていうのかな
私:オレはヘンタイかい(笑)
マ:違う違う!食べ物や他の趣味も、すごく偏りがあるし特別だから
  きっとエッチも他の人と違う好みを持ってるんじゃないかって
私:違う好みって、例えば?
マ:ん~例えばぁ・・・ちょっと言いにくいなぁ・・・
  変わった場所でするとか、着たままするとか
  あとねぇ、縛ったりとか・・・あ、恥かし・・・
  言っとくけど、こういうことしてほしいって意味じゃないんだよ
私:でもさ、仮にオレがそういう好みを持ってるとして
  そういう偏りを真知子ちゃんは望んでたんだろ?
マ:あーん だから、してほしいって意味じゃないった・・ンムムム

キスをして口を閉じさせました。
そのままマチの股間に手をやり、ぐっしょり濡れた愛液を手で感じました。
キスしたまま、その手を鼻先に持ってきてニオイを嗅ぎました。
とたんにマチはビクン、ビクンと体を反応させます。

私:どしたの?
マ:はぁぁぁ・・・恥かしいこと・・・されるの・・・好きなの
私:じゃあもっと・・・クンクンクンクン 

おおげさに嗅ぐ音をたててみせます。

ああ、いやぁ いやだったら・・・ああー

私の手を掴んで鼻から遠ざけようとしますが、体に力が入りません。
さらに嗅ぐ音をたて、あーー真知子ちゃんのアソコのニオイだね
というと、またビクンっと反応します。

もう言っちゃイヤ 
と言いながら私の口を彼女の唇でふさぎます。
それを、やや強引にふりほどき、さらに

真知子ちゃんのアソコって、いいニオイなんだね
もぉぉぉ・・・言っちゃいやったらぁ・・・

もはやマチの体はグニャグニャで、全く力が入らず
私の胸にすがりつくように体重をかけてきます。
優しく後頭部を撫でながら

でも良いニオイだよ
あぁ・・・もうダメってば・・・言われると・・・あたし・・・
どんなニオイだと思う?
あっあっ・・・だめ・・・だめ・・・だめよもぉ・・・

体がガクガク震えはじめています。

聞きたくないの? 言われたくないの?
あああ・・・いじわる・・・
聞きたいの?それともイヤなの?
ああ・・・イヤ・・・で、でも・・・聞きたい・・・かも・・・
じゃあ聞きたいって言ってごらん
ど・・・どんなニオイ・・・なの?
真知子ちゃんの ア ソ コ のニオイはね・・・
あたしの・・・あそ・・・こ・・・のニオイは・・・

体の震えがひどくなってきました。

真知子ちゃんのアソコのニオイは・・・ちょっとオシッコくさい

言ったとたんにマチの体に電流が通ったようになり、
それまで私の胸にすがっていた腕をつっぱりました。
私のシャツの胸をワシづかみにして両脚をそろえ、
膝から下をピンと延ばして上半身をのけぞらせブルブル震えています。
眉間にはシワが寄り、目をきつく閉じ、歯を食いしばっているような表情。
そして突然「ウンッ」と言ったまま、しばらく突っ張っていましたが、
やがてそのまま手を離し、ソファに倒れこんでしまいました。

アソコのニオイを「オシッコくさい」と指摘されたことで
マチは羞恥の極に達したらしく、
初のディープ・デートで、私の言葉だけでイッテしまったのです。

pinkt_b.jpg
マチが穿いてきたピンクT後ろ

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第8回:彼女とのパンティ・プレイ3

前にも言いましたが、私はパンティという言葉が好きです。
それもパンティーと後ろが長く伸びないで
パンティ-と、ちょっとだけ伸びて発音されるのがいいのです。

おかしなこだわりですが、マチはこれをよくわかっていて
「今日のパンティーはね」などとは決して言いません。
これも前に言いましたが、どうしてもパンティという言葉は
女性にとって口に出すのに抵抗のある言葉らしく
マチも私とつきあう前までは全く言わなかったそうです。

私のパンティ好き、自穿きの趣味を理解するようになってからは
この、言葉へのこだわりも、女にとって発声するのが恥かしい言葉、
聞いてもエロく感じてしまう言葉、
でも女のアソコにピッチリ密着して、アソコを優しく包むもの、
とてもカラフルだったり、男には想像できないほど布の面積が小さかったり、
すごく色んなデザインや形があったり、とってもエッチだったり、
だから男にとって、とても魅力的な言葉なので、パンツなんて言わせない、
ということがわかったらしいのです。



私がなぜ女性用に作られたパンティというものを穿くのか
という自穿きの趣味も、この言葉から受けるエッチっぽさ
(と女性は受け止めているらしい)
男にとって、とても夢のある対象であり、
男物にはありえないバラエティの豊かさがある、
という男の考え方と、相前後して理解するようになってくれました。

穿くと男根を圧迫して、非常に気持ちいいこと、
女物を穿いているという、ややもすれば罪の意識のような
侵してはいけない領域を侵している、というような感覚、
穿いているのを上から見たとき、勃起がパンティを突き上げて
女性がパンティを穿く場合には有り得ない形の変化が起こること、
薄いパンティごしに見える勃起は非常にエロく、
それをパンティの上から撫でさすると非常に気持ちいいこと。



こんなことをデートのたびに話し、
マチにもパンティと言ってもらうようにし、
だんだん私たちの偏った趣味は近づいてきました。
もちろん、男がパンティを穿くなんて言ったとたんに
うわっ・・・と顔をしかめて、体をひいてしまう女性が大半でしょう。
ところが初めてこの話しをしたとき、マチはひくどころか
わあ~やらしい、と笑顔で言いました。

このコなら大丈夫だろう、という予感めいたものがありました。
案の定、マチはとてもエロいコでした。
普段はごく普通、いや、やや高度な部類に入る専門職のOLで、
いわゆるセレブとでも言うのでしょうか、かなり高額の給料を取っています。

外見はまず、普通の30代チョボチョボの社会人で、
美人づらではないものの、表情には専門職らしからぬ愛嬌があります。
色白で小さめの顔、長く伸ばした髪に強い細かいカールがかかっています。
多めのそれを後ろで金属のバンドで結んでいます。

普段はほとんどスカートを穿かず、パンツ・スタイルばかり。
下半身がカッコ悪いのを気にしているようです。
そして、どう見てもそれほどエロいコには見えないのです。
クシャっと笑った顔など、ほんとに30代なのか?という幼い表情です。


初めてのディープ・デートのとき、マチはスカートを穿いてきました。
さかんに下半身のことを気にしています。
たしかにパンツ・スタイルよりカッコ悪いのです。
ホテルに入って、なぜスカートで来たのか理由がわかりました。
かなり短い、ややタイトぎみのスカートでしたので
食事中から、どうしてもその股間に目が行きます。
私の目がマチのスカートごしの股間に行くたびに
マチは気づいていてニマっと笑うのです。

ホテルでソファに並んで座り、彼女の肩を抱きながら
私:さっき何度もパンティ見えてたよ
マ:知ってるわよー(ニマ)
私:え?
マ:だから今日は短いスカートで来たの(ニマ)
私:はぁ?じゃあ・・・・私に見せるつもりで・・・
マ:見せるっていうのとはちょっと違うけど
私:じゃあどうして
マ:あのね・・・私へんなところがあってね
  スカートの脚の間、オマタを見られてるって思うとね・・・
私:うんうん
マ:なんか・・・ジワッと来る・・・あは、恥かしい(両手で顔を覆う)

しぐさのあまりの可愛さに、抱きしめオデコにキスしました。
マチの体がビクンッと反応しました。

私:それでそれで?
マ:あーんもう、話せなくなっちゃうよぉ・・・みさおさんキス上手だね
私:はぁ?まだ口にしてないぞ
マ:オデコだって上手な人だってこと、わかるんだよ
私:そんなもんかね んで? ジワッとの続き
マ:あ・・・一度止めたら恥かしくなってきちゃった(笑)
私:じゃあ目をつむっててあげるから続き(笑)
マ:あはは じゃあ・・・あのね、私けっこう下着好で、いっぱい持ってる。
  それでね、小さいの穿くとき、わざと短いスカート穿くことある。
  それで電車乗ると、前に座ってる人が私の股間をジロジロ見てくるの。
  わざと少しだけ脚を開いたりして、前の人の反応みたり
私:真知子ちゃんて見かけによらずエロいコなんだね
マ:前に座ってる人ね、脚の隙間から何とか私の下着を見ようと
  姿勢を変えてみたり、浅く座って目線を下げてみたり(笑)
私:なんでそんなことする?
マ:会社に着くと、そのままトイレに直行する
  パンツ降ろすと(まだパンティ教育していません)
  おまたの内側に・・・べったり・・・ヌルヌルが着いてるの
私:はぁぁ、見られて興奮、ていうか見せて興奮?
マ:うん、意図的に脚を開いて見せるんじゃなくて
  見えるか見えないかってところで男の人の反応を見るのが楽しいんだ
私:それで今日は、私のために、そんな短いスカートで?
マ:みさおさん、きっとエッチだと思ってたから、
  私がスカートちらちらさせたら、どんな風に覗いてくれるのか
  楽しみにしてたんだ
私:あは、見抜かれてたか(笑) それでオマタは、どう?
マ:みさおさん、たしかめてみたら?

pinkt_f.jpg
マチが穿いてきたショッキング・ピンクのTバック

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

第7回:彼女とのパンティ・プレイ2

今回は私のパンティ履歴というのを書こうかと思ってたんですが、
なんですか前回のがウケたようで、もっと彼女とのプレイを
書いてくれ、読みたいとお願いされました。
なので、いい気になって続きを書いてみます。
話としての続きではなく、彼女とのプレイあれこれです。


私が細い体型で、身長のわりに脚が長いのに対して
彼女はいわゆるズン胴で脚が短く、同じベンチに座ると
彼女のほうが背が高く見えるくらいです。

しかしお尻はなかなか良い形をしていて、ハートを逆さにしたような
プックリした下尻にハッキリ線が出る、可愛いお尻です。
決して小さくはないですが(笑)

このお尻にフルバックのパンティを穿くとムッチリと
そしてお尻のワレメにピッチリと貼りつきます。
現代の子らしく横幅より、後ろに出ている割合が大きいので
センターにシーム(縫い目のステッチ)が入ってるのなどは
お尻のワレメにキュウッと食い込んで、なかなか壮観です。


このセンター・シームが、どこまで続いているのか・・・
お尻の上のほうからワレメにそって、なぞって行くと
残念ながらクロッチのところで終点でした。
このままクロッチまで、そのまま前まで続いていれば
おマンに食い込んで、さぞすごい眺めになるでしょうに。

この真っ黄色なシーム入りのパンティを見聞していると
彼女「シームが前まで続いてるの持ってるよ」と来ました。
「え?持ってるの?穿くとどんなんなるの?」
「そりゃぁ食い込むわよぉ」
「わ、そ、そんなん持ってて穿くことあるのかい?」
「うん・・・まぁ穿かないかなぁ。だって、あんなの穿いて
会社なんか行ったら、仕事にならないよぉ(笑)」

てことは食い込む=気持ちいい ってことなのか?
あーそうじゃなくて、食い込んできて気持ちよくなりそうに
なっちゃうんで、落ち着かないのよ。
どのくらい食い込むの?
どのくらい・・・って・・・また、やらしいんだから(笑)


さらに追求してみたところ、このクロッチまでシームが
入ってるパンティの食い込みは、どうも半端じゃないらしく
上にパンストを重ね穿きした時など、完全にマンすじに
埋まってしまって、脱ぐとハッキリした立体的なスジが
クロッチに付いているんだそうな。

外から見えるだけじゃなく、内側にもシームが盛り上がって
とにかく「食い込んでください」とばかりのクロッチらしい。
私:それ穿いてきてよ
彼女:えーいいけど、いつぅ?
私:ん~会社帰りにデートするとき
彼女:わーやだぁそれーー
私:だって家から直接オレに会いに来るときじゃ
  穿いてる時間短いじゃん
彼女:また・・・長く穿かせてシミのチェックするんでしょ
   ほんとにスケベなんだから・・・
私:ヘンタイって言わないのかい?(笑)
彼女:だって言ったら、あたしも同じだから・・・
私:あ、マチもヘンタイってことになっちゃうかぁ(笑)


ちなみにマチとは彼女の名前、真知子の一部です。
なんと古風な・・・
ついでですが彼女は私を「みーちゃん」と呼びます。


さて彼女の会社帰りにデートする日が来ました。
私は自営業、それに独身なので、いつでも出られるんですが
さすがにお勤めでは、そうもいきませんね。

そろそろ本格的な春で、桜が近いような季節でした。
やはり彼女はパンストを穿いてきました。
街で食事をしながら、それとなく横に座っている
彼女のパンストに包まれた脚を、私のジーパンのスネで
撫でてみます。

短い脚のくせに彼女の足首は、キュッと締まっています。
フクラハギの形は良くありませんが、足首の締まりは
運動選手のようでなく、小さな足の甲までスッと続いています。

脚で撫でると、彼女は一瞬、顔をしかめます。
ん?という顔で見つめると、少しベソをかいたような目で
うん、脚感じるの知ってるくせに・・・
と恨みっぽく言います。
この顔が可愛らしいのです。

おそらく会社で今日1日、彼女のおマンに食い込んでいたパンティは
今もキッチリとマチのおマンに挟まって、
マチを刺激し続けているのでしょう。

早く脱ぎたい・・・ぽつっと言います。
え?なにを?
また言わせる・・・パンティだよ
女性の口からパンティという言葉を聞くのが好きなのです。


また長くなりすぎました。その3は明日以降です。
machipan_pink.jpg
マチが私にくれたピンクのツルツル・フルバック
前に刺繍や模様が無く、においシミはあり。
穿いて上から勃起をなでるとすごく気持ちいい。

テーマ : パンティ大好き
ジャンル : アダルト

プロフィール

パンティみさお

Author:パンティみさお

女性用のパンティを穿くのが好きです。
もちろん見るのも嗅ぐのも好きです。
たくさん所持しています。

ニューハーフや女装娘さんやホモセクシャルな方には興味ありません。女装もしません。

同好の諸先輩方、よろしくお願いします。

このような趣味に嫌悪を感じる方は閲覧をご遠慮下さいますようお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。